2009年05月20日

メールドレスの変更のお知らせ

◆みなとみらい労研会の活動報告をご覧いただきありがとうございます。

このたび、みなとみらい労研会の拡大に伴いメールアドレスを変更させていただきます。

NEWアドレス
kokoro-room@amil.plala.or.jp

みなとみらい労研会に対してのご質問やお問い合わせはこちらのメールアドレスまでご連絡お願いいたします。

(株)労研 産業カウンセリング部  大橋 桐子


posted by rouken at 23:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

実技試験対策セミナーにご参加くださいましてありがとうございました。

◆1月28日(水)に産業カウンセラー 実技試験対策セミナーを開催いたしました。

semina- 001.JPG

試験当日の流れに沿って注意事項やPOINTのお話しをさせていただきました。

ピアカウンセリングを行い、振り返りの練習や質疑応答への回答練習も行いました。

自分のカウンセリングの癖や傾向を知った上で、どう対処していけばいいのか・・・参考にしていただけたのではないかと思います。

☆試験当日は誰でも多少の緊張はします!!
緊張している事で、さらに緊張してしまっては、せっかくの実力が発揮出来ません。
緊張するな!と自分に言い聞かせるのではなく、緊張してもいいんだ!!と気持ちを切り替えて、がんばってください。

皆様の合格をお祈りしております。
posted by rouken at 19:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

緊急告知!!実技試験対策

◆産業カウンセラー実技試験対策セミナーのお知らせ

☆養成講座を受けずに受験される方
☆残念ながら実技試験免除にならなかった方

実技試験に向けて最終確認をしませんか?

みなとみらい労研会の対策セミナーは、本番の試験同様の流れに沿ってのセミナーとなります。
流れの中での大切なPOINTをお話しします。

実技試験に自信のない方はぜひご参加ください。

日時:1月28日(水)  13:30〜
場所:(株)労研内会議室  みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩3分
参加費用:2000円

お問い合わせ・お申し込みの方は下記のアドレスにまでご連絡下さい
追って詳細をご連絡いたします。

E−MAIL:minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp

(株)労研 産業カウンセリング部 大橋 桐子
posted by rouken at 23:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

学科試験予想問題再販売のお知らせ

産業カウンセラー学科試験過去問題に沿い、傾向を踏まえて、
みなとみらい労研会による予想問題を作成致しました。

2007年1月試験時に出題された類似問題も一部入っております。

昨年発売したものですが、今年も販売してほしいとの
ご要望をいただき、再販売することに致しました。

試験後、似た傾向であったとのご報告もいただいて、
とてもうれしく思いました。
是非最後の力試しにご活用ください。


◆2007年度 産業カウンセラー試験 予想問題【1700円(送料込)】
※問題が昨年度のものであるため価格を割引いたしました。

※速達をご希望の場合は、プラス100円にて承ります。

※ご注文・お問い合わせは
下記のメールアドレスまでご連絡ください。
振込先等詳細について追ってご連絡させていただきます。

nonanonano@gmail.com

よろしくお願いいたします。
posted by rouken at 13:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

七福神

◆七福神は宝船に7人の神様が乗っていて、おめでたいを表す絵が有名ですが、あの宝船に乗ってる7人は3人は中国・3人はインド・1人が日本の神様なのです。
色々な国の神様がそれぞれを尊重しあい、1つの船に乗っている事に意味がある。とあるTV番組で言っていました。
それって企業にも当てはまるのではないでしょうか?
企業の中にはたくさんの人が働いていて、それぞれの個性があるからこそいろんな企画が出たり企業が成長していくのではないでしょうか?

ところが、この個性が時として人を悩ませたりするのです。

今、ある企業で相談業務をしていますが、相談室に訪れる方はの中にはこの個性がぶつかりあってしまって人間関係に亀裂が入ってしまってストレスとなってしまっている方がいます。
この七福神のように、お互いの場所を侵害することなく 尊重し合える距離感を保つ事が出来ると、笑顔が増えていく気がします。

(株)労研 産業カウンセリング部  大橋 桐子
posted by rouken at 00:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

カウンセラー仲間

◆カウンセリングを一緒に学んだ仲間でもあるしカウンセラーとして先輩でもある方と、企業で相談室をしているカウンセラー仲間と久し振りに会いました。
お互いの近況報告をしたり、今企業がどんな事を求めているのか?
カウンセラーとしてどんな事を企業に提供できるのか?といった話しをしました。。。

今置かれている状況のジレンマも聴いてもらい光が見えた気がします。ありがとうございました。

今、社内うつが増えて来ていることも話題になりました。
社内うつとは、おおざっぱに言えば、会社にいる時は憂鬱な気分になり会社から離れると元気がでる。。といった方です。
社内うつの人に対してのアプローチの方法なども話し合いました。

仕事に対しての思いも世代によって大きく変わっていて、上司は判らない事があれば聞いてくるだろう・・部下は上司が何でも教えてくれるだろう・・・この相違がコミュニケーション不足につながってきているのではないか?そういった仕事に対しての思いの違いから紐を解いていかなければ・・との感想もありました。

カウンセラーの資格を取ってからも、いろいろな療法を学んでいますが、今回の再会は自分自身のカウンセリングを振り返る事ができ、とっても勉強になりました。。

(株)労研 産業カウンセリング  大橋 桐子
posted by rouken at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

心の表現

◆先日あるアーティストのライブに行って来ました。。
今年に入ってから何人かのライブに行っていますが、いつも思う事があります。
それはライブに来る人たちの姿です。
アーティストと一緒に踊り歌い一体感を感じている人・曲に合わせて自分流に踊って満足している人・座ったまま足でリズムを刻み曲を聴き入っている人・自分の思い出にリンクして涙している人・アーティストの名前を叫び自分の存在に気づいてもらおうとする人
色んな人たちの姿がありますが、ライブ会場に来る人達はアーティストを見たい!歌を聴きたい!とう思いは同じだと思います。。。
そして会場に来れた喜びは皆同じだと・・
その喜びの表現方法は人それぞれである!という事を感じています。。

例えば、ご飯を食べておいしい!と声に出す人もいますが、隠し味は何だろうと分析する人、黙々と食べている人・・・
黙々と食べているからと言っておいしくないと思っているわけではありません。
相手の一部分だけを見て心の中を決めつけてしまうことは危険なことだと感じています。
出来るだけ相手のいろんな姿を見て、声を聞いてみる事が大切です。

◆みなとみらい労研会からのお知らせ・・
10月20日(月)  19:00〜20:30
コラージュ療法セミナーを開催いたします。

これからコラージュを勉強してみたいと思っている方、今の自分を見つめてみたいと思っている方のご参加お待ちしております。

場所:日本大通り駅 出口3番 徒歩5分
   シルクビル9階
参加費用:2000円

ご興味のある方は下記のアドレスまでご連絡ください。
E−MAIL:minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp

産業カウンセラー 大橋 桐子
posted by rouken at 13:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

個性

◆先日ある企業の健康管理室で勤務されているカウンセラーの方とお話しする機会がありました。

企業は個性をどこまで求めているか??とういお話しになりました。
もちろん業種によってかなり変わってきますが・・・
一般論として、入社面談の際皆さん同じような格好で、同じような話し方をされます。。。こうすれば必ず受かる!!といったマニュアル本があるぐらいですから、みんなが同じような答えになるのは当然となります。また、そうすれば受かるのも事実です。

では、入社した後はどうでしょう・・・みんなと同じ仕事をしていたら評価はどうなるでしょうか?
可もなく不可もなく・・・といった結果になるでしょう。この評価で満足を得られない人はどうにか周りと違った事をしようとします。
その行為が吉と出るか凶と出るか?営業などや結果の出すなどの成績がはっきりわかる職種であれば、成績が上がればいいわけですからわかりやすいですが、結果が目に見えずらい職種の方々はどのように個性を出して行けばよいのでしょう?あまり飛びぬけていると上からたたかれてしまうこともしばしばあります。
クライエントの個性は大切にしたい!!常にそう思っておりますが、企業側はそうとも限りません。。

結局、企業が求めている個性とは何か??
その企業が求めている範囲内で個性を出していくしかない。。とい結論に達しました。
企業が求めている独創性を見抜けた人で周りと調和を取る事ができる人が、評価されていくのかも知れませんね。。。

              産業カウンセリング部 大橋 桐子

◆次回のセミナーのお知らせ
10月20日(月)  19:00〜
コラージュセミナーを開催いたします。

コラージュは雑誌から絵や写真を切り取り台紙に貼っていくアートセラピーです。出来上がった作品から自分自身を見つめていく療法です。絵が得意ではない人でも安心して行えます。

講師はわくわくワークの主宰 菅野のなです。
皆様のご参加をお待ちしております。
posted by rouken at 12:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

交流分析

◆先日交流分析のセミナーに参加してきました!!

交流分析とは心理療法のひとつで、今現在の自分のエネルギーがどのように使われているかを知る方法としてエゴグラムがあります。

交流分析はもともと興味があり、ある団体の認定をもらっていましたが、もっと深く知りたい!!と思い1年近くかけてまた勉強しようと思い、セミナーを受講しております。

特に交流分析の中の【ストローク】は大切だと思っております。

◆ストロークとは・・・

人は誰かに認められる事を望んでいる。。。

この場合の『認められる』とは、仕事が出来るとかではなく『存在』自体を認識してもらえるという意味です。
【シカト・無視】といったものは存在自体をなかったものとしているので、一番最悪のいじめともいえるでしょう・・・

挨拶は相手の存在がある事を認識しているから行うものです。
挨拶されれば、自分の存在に気付いてもらっている事がわかります。
そうして人は『自分の存在』を誰かに認識してもらう事が心に栄養を与えていくのです。

おなかの中の赤ちゃんは細胞分裂してだんだんと人の形になって行きます。その時、肺が分裂した片割れが脳と皮膚になる!!とい説があります。
触れ合う事が脳への刺激になるのは、脳と皮膚が昔は一体していたからかもしれません。。。

触れ合う事。。これも大切なストロークです。

普段誰かと触れ合っていますか???

(株)労研  産業カウンセリング部  大橋 桐子
posted by rouken at 00:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

すっぱいぶどう

◆イソップ童話のお話しで

ぶどうを食べたかったキツネは、ぶどうに手が届かない事に気がついたとたん「あれはすっぱいぶどうさ」だから食べなくていいのだ!!と諦めました。。。。


この様な食べたいけど食べれないきつねの状態は、緊張や不快感を生じさせてしまうので、その不快感を取り除こうとします。

その方法として、どちらかを変更するか、新たな情報を入れ矛盾を小さくしようとするのです。

先ほどのきつねの例でいくと、おいしそう→感情 届かない→行動
この矛盾を『すっぱいにちがない』と変更する事で不協和を解放したのです。

このように、心理的に相容れない感情・行動・信念・考えなどを同時に持ってしまう事で起きる緊張状態を和らげる過程の事を、社会心理学者のフェスティンガーは【認知的不協和理論】と体系づけました。

このように人々は『心の不快』を解消しようとして、無意識にあるいは意識的に『不快』に対して抵抗し、『不快』を軽減できるのです。

この抵抗力を普段から意識し、抵抗力を弱める事なく維持する事が出来たら、少しはストレスから解放されるかもしれません。

(株)労研  産業カウンセリング部  大橋 桐子
posted by rouken at 01:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

ソーシャルサポート

◆職場で何か困った事が起きた場合あなたは誰に助けを求めますか?

厚生労働省の調べによると、上司・同僚・家族に相談すると答えた労働者が多いそうです。

何か困った時に助けてくれる身近な人達を【ソーシャルサポート】と言います。

ソーシャルサポートには4種類あり、
一つ目は情緒的サポートで、励ましてくれる存在です。
二つ目は情報的サポートで、問題解決の為の情報です。
三つ目は道具的サポートです。道具的とは言葉が悪いかもしれませんが、実際に仕事を手伝ってくれて仕事が半分になった・・など直接手助けしてくれるものを言います。
四つ目は評価的サポートで、自分をきちんと評価してもらう事で、やる気が出たり もう少し頑張ってみよう!etc評価される事tで心理に訴えてくれるものです。

このように私達は様々なサポートによって守られているのです。

中には誰にも頼らず自分でどうにかしている!と答える方もいらっしゃると思いますが、今一度考えてみてください。
例えば、家族からの『行ってらっしゃい』や同僚との飲みの席で自分の愚痴を聞いてくれている・・・etc
直接 仕事の量が減っているわけではなくても、そういった声がけなどで、やる気が出たり  愚痴を言う事ですっきりしたりした事はないでしょうか?

この様に、気づいていないだけで色々なサポートを受けているのです。
普段自分はどんなサポートを受けているのか?また、どんなサポートがうれしかったのか?を振り返ってみてはいかがでしょうか??

ギブ&テイク
貰ったサポートは誰かに返していく・・・
この繰り返しが広がったらいいですね。。。


◆みなとみらい労研会からのお知らせ・・・

・人間関係につまずいてしまっている方・・
・生きる事に楽しみを見出せないでいる方・・etc

1度カウンセリングを受けてみませんか??
1人で悩むのではなく、カウンセラーと一緒に考えてみませんか?

☆50分・・・5000円  (要予約)

E-MAIL:minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp

(株)労研  産業カウンセリング部  大橋 桐子
posted by rouken at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

睡眠

◆人は眠りに入った直後深い眠りとなり、徐々に眠りが浅くなり、レム睡眠状態(筋肉はほぐれている状態だが、脳波は覚醒している状態で、この時に夢を見ると言われている)になる。
このサイクルを何回か繰り返しながら、徐々に浅い眠りとなり目が覚める。

睡眠は脳や神経を休ませる為にとっても重要で、脳は体の司令塔ですから 睡眠をきちんと取らないと、色々な箇所に異常をきたしてしまう恐れがあります。


ところが、神経を張りつめた状態の生活を送り続けていると、脳がその状態を維持しようとして、睡眠の妨げとなる信号を出してしまう・・体は疲れているのに【眠れない状態】となるのである。

@入眠障害・・・ベットに入ってもなかなか寝付けない
A熟眠障害・・・夜中に何度も起きてしまう
B早朝覚醒・・・起きたい時間より早く目が覚めてしまう

睡眠障害には大きく分けるとこの3つがあり、組み合わせで症状が出てしまう人もいます。

睡眠のリズムが崩れてしまうと、朝起きる事が苦手となり、出社困難になってしまう事があります。

睡眠障害にならない方法としては・・・

・眠る前にリラックスする 
例)シャワーで済ますのではなく、お風呂に入って体を温める
  眠る前に好きな音楽を聞いてリラックスする
  (歌詞の無い曲の方が脳が休めるそうです)
  眠る前に何も考えずに『ぼー』っとする

又、睡眠のリズムを戻す方法としては、高照度光照射療法(強い光を当てる)などは臨床の場面では実際に使われています。

お天気のいい日などは、お昼時間に5分でも10分でも無理しない程度で日光浴することも、睡眠を促す効果があると言われています。

2週間以上【眠れない状態】が続くようであれば、一度ご相談くださいませ・・


◆みなとみらい労研会

不安を抱えてしまってる方ややる気が出せない方のカウンセリングも行っております。
全て産業カウンセラーの資格を持ったカウンセラーが対応させていただきます。

E−MAIL:minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp

(株)労研  産業カウンセリング部  大橋 桐子
posted by rouken at 21:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

涙の勧め

◆いつ頃からだろうか・・?泣く事に抵抗を覚えたのは・・・?

母親の体から生まれた赤ちゃんは、おぎゃ〜と泣く事で、肺に酸素を取り入れ肺呼吸を始める。誰に教わった訳では無いのに・・・
しばらくは、泣く事で自分の存在をアピールし、ミルクをもらってお腹を満たし 泣く事でおしめを取り換えてもらう。。。
満たされない気持ちでいると、泣く事で抱っこしてもらったり あやしてもらう事をする。
言葉を知らないのだから、泣くしかないのだろうけど・・・
でも、泣く事は誰からか教えてもらった訳ではない。
そう考えると、【泣く事】は、心地よく生きるための本能なのではないだろうか??

その【ここちよく生きる為の泣く本能】をいつから恥ずかしい気持ちになり、封印するようになったのだろうか・・・?

泣いたり・大声で笑ったりする事は『カタルシス』と言って浄化される。と言われているが、泣く・笑う行為は本能のままの姿だから浄化されるのではないのかと思う。
笑いでも 愛想笑いではなく、笑いたくて笑う。笑いたくないのに笑ってしまう。。。
涙も 嘘泣きの涙ではなく、自然に出てくる涙・・・

この本能を封印しようとしてしまえば、体にいいわけがない!と思う

多かれ少なかれ 自分を演出しながら生きている社会では、この本能のままの姿をもっと大切にしてもいいではないかなぁ。。。

涙は悲しい時だけではない。努力した事が結果としてあらわれた時のうれし涙だっていい。
うれしい時・悲しい時はしばらくは流れる涙を止めようとせずに、思いっきり泣いてみてはいかがですか??


◆みなとみらい労研会
6月16日(月) 19:00〜
塗り絵セラピーを開催いたします。

ご興味のある方は下記のアドレスにまでご連絡ください。

E−MAIL:minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp

(株)労研  産業カウンセリン部 大橋 桐子
posted by rouken at 02:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

ソーシャル・アニマル

◆哲学者のアリストテレスは人間の事を『ソーシャル・アニマル(社会的動物)』と言いました。

人間も動物です。ただ、他の動物と違うのは、物事を学んだりし育まれて社会性を身に付け成長して行きます。
社会という組織を作りその中で生きていく・・・と解釈できると思います。

私達はたくさんの組織の中の一人なのです。
例えば、家族・職場・学校又は友達関係etc

どの組織が居心地がいいのかは人それぞれですが、居心地のいい組織(1対1でもOK)をひとつでも見つける事をお勧めします。

◆ザイアンスの好意度の測定実験
12人の男性の写真をランダムに提示回数を変えて実験参加者に見せました。(ある2枚の写真は1回・他の写真2枚は2回・その他の写真2枚は10回・残りの2枚の写真は25回・一度も見せない写真2枚)
それぞれの写真の好意度を評価してもらいました。。。。

結果は実験参加者は多くの回数の写真を見たほど、高い評価を示したのでした。。。。

接触機会が増えると、高評価を示す という事になります。
逆を言えば、【人からの高評価を得るには、接触機会を増やす】という事になります。。

◆接触機会を増やすとは・・・?
実際には、実験のようにただ顔写真を見せればいい訳ではありません。
相手に自分の存在を認知してもらう事が大切です。
自分はここにいるよ!!アピールが必要です。
その為にまずは【挨拶】から始めましょう。。。

◆みなとみらい労研会
・人とのかかわり方がわからない・・
・自分を認知してもらう方法がわからない・・・etc
コミュニケーションについてお悩みの方へのセミナーを開催しております。

★6月のセミナー
 【塗り絵セラピー】
簡単な塗り絵をして自分自身と向き合ってみませんか?

ご興味のある方は下記のアドレスにまでご連絡ください。

E-MAIL:minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp

(株)労研  産業カウンセリング部  大橋 桐子
posted by rouken at 22:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

かにかに詐欺

◆今、『オレオレ詐欺』に変わって『かにかに詐欺』の被害が増加している。

電話がかかって来て『蟹は好きですか?』『蟹を送りましょうか?』と言ってくる。【結構です】【いいです】と言っても勝手に着払いで送られてきて、受け取った方も家族の誰かが頼んだのだろう・・・と受け取ってしまう。。。支払った金額に満たない程度の蟹らしい・・。

昔から日本語には、曖昧な表現をする事で『相手を思いやる気持ち』を込めた言葉として使われてきている。が、時にはYES・NOをきちんと伝える事も大切である。
この『かにかに詐欺』の場合は、きっとNOとはっきり断っても送られてきてしまうのだろうから、受け取りを拒否することが詐欺にあわない為には有効だろうけど・・・

例えば・・・あるスーパーで店員さんとお客のやり取りの中

お客 『このハンカチの色違いが欲しいのですが・・・』
店員 『申し訳ございません。この色しかございません』
お客 『じゃぁ いいです。』

このやり取りの中でお客はこのハンカチを買ったでしょうか?

きっと、断ったと思う人もいれば、買ったと思う人もいると思います。
『じゃぁ いいです』この言葉には【じゃぁ いらないです】ともとれるし【じゃぁ それでいいです】ともとれるからです。

言葉を発する側と受け取る側で感じ方が違ってしまうと、同じ言葉を使っても違う解釈をされてしまうのです。

『相手を思いやる気持ち』がふんだんに入った日本語とはっきり自分の意思を伝える日本語。この両方を上手に使い分けていろんな人との会話を楽しんでみてください。
会話を楽しむ事がコミュニケーションスキルアップにつながります。


◆みなとみらい労研会セミナーのお知らせ

6月16日(月) 19:00〜20:30

塗り絵セラピーを開催致します。

講師:ワクワクワーク(http://wakuwakuwork.jp/
主宰 産業カウンセラー 菅野 のな

色を使って表現することで自分の気持ちの整理をすることができます。
ボケ防止・脳の活性化にもよいといわれています。
たのしく塗り絵に取り組んでリラックスしませんか?


ご興味のある方は下記のアドレスまでご連絡ください。
追って詳細をお知らせいたします。

minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp





posted by rouken at 00:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

セミナー開催

◆5月19日(月)
【セクハラを受けない為には・・】のセミナーを開催いたしました。

今回の内容は・・・
・セクハラの定義  どこからどこまでをセクハラと言うのか?
・セクハラを受けない為にはどのような行動を取ると効果的か?
・もしセクハラを受けてしまったら・・・
この3つのテーマに分けてお話しさせていただきました。。。

参加者の中にはセクハラに近いものを受けてしまってる方のいて、今後の対策についても個々にお話しさせて頂きました。

セクハラに立ち向かっていくにはまず、自分を守ってくれる法をきちんと学び味方につける事から始めませんか?

今後も同じ女性の立場でセクハラに立ち向かっていけるようなセミナーを開催していく予定です。


◆次回のセミナーのお知らせ

塗り絵セラピーを開催いたします

今、自分の無意識の中にあるものを塗り絵を使って表現してみませんか??

自分自身を見つめなおし、心の整理するヒントが隠れているかもしれません・・・

日時 6月16日(月)   19:00〜20:30
場所 日本大通り駅  5分 シルクセンタービル8階
参加費用  2000円

ご興味のある方は下記のアドレスにまでご連絡ください

minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp

(株)労研 産業カウンセリング部  大橋 桐子



posted by rouken at 23:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

お知らせ

◆みなとみらい労研会 マンダラアートや塗り絵セラピーの講師、
菅野のなの活動をまとめたホームページが出来ました。

オーガニック料理やアートセラピーを中心とした教室やカウンセリングを行っております。

先日私も参加させて頂きました。
身近でオーガニックな料理教室と自分の今の気持ちを感じ取れるアートセラピーを受けてきました。

料理を担当して下さった松波先生はとても丁寧に指導して下さり、さっそく自宅でもチャレンジしてみました〜家族にも好評でした。
少人数のチームで料理をするので、料理の苦手な人でも1から指導してくださるので安心です。

塗り絵アートは自分でも気付いていない部分を垣間見れるので、気持ちの整理が出来ます。何かに迷ってしまっている方や自分の気持ちを確認してみたい方にお勧めです。

是非こちらの方もご覧くださいませ。

ワクワクワークホームページ
http://wakuwakuwork.jp/

産業カウンセリング部  大橋 桐子
posted by rouken at 23:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

五月病

◆ゴールデンウィークが終わった頃から、やる気や気力が無くなってしまう人が増えてくる。。。

5月病(6月病)と言われているが、正式な医学用語ではない。

医学的には『適応障害』と診断されるケースが多いだろう。。

4月に環境が変わり、社会人としての生活が始まる。
初めのうちは、〈ワクワク・ドキドキ〉と期待と不安が入り混じった状態で、見るものすべてが新鮮に思えていたのが、研修期間が終わり知らず知らずに溜めこんだ疲れや人間関係のストレスが5月・6月にどっと身体に出てしまい、なんとなくだるくなったり、マイナス思考となったりしてしまう。

一昔前までは、新入社員の人が陥ってしまう5月(6月)病だったが、ストレスが多い現代ではそうとは限らない。。。
転職や転勤などの環境の変化に戸惑い、5月(6月)病に似た症状が出てきてしまう人が多い。。今となっては、5月6月に限らず、年間を通しての病気と言えるだろう。。。

あれっ??
なんかやる気が出ない・・・憂鬱な気分・・・が1週間続いたら、少しリフレッシュして、ストレスを発散してみて下さい。
学生時代の友人に会ってみる・・・趣味の時間を増やしてみる・・・etc

多かれ少なかれ、誰でも新しい環境に慣れて行くにはストレスを感じるものです。周りばかり気にせず、自分のペースで新しい環境になれて行けばいいのです。あせって体や心を壊してしまっては元も子もありません。。。

それでも、憂鬱な気分が続いてしまう場合は専門医に相談するなどすることをお勧め致します。。。


◆みなとみらい労研会では、ストレスチェック(有料)なども受け付けております。ご興味のある方は下記のアドレスにまでご連絡ください。。

minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp

(株)労研 産業カウンセリング  大橋/菅野

posted by rouken at 22:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

今後のセミナー予定

◆先日、みなとみらい労研会を開催いたしました。

今後行うセミナーについて検討しあい決定いたしました。

みなとみらい労研会のセミナーに参加して下さった皆様が、少しでもストレスの軽減や心のリフレッシュに役だって頂たら・・・と思っております。
自分自身を振り返る時間もない何かと忙しい現代。。。
今一度、自分自身を見つめてみてはいかがですか?無意識の中に閉じ込めてしまった気持ちや、自分では気づかない自分を見る事が出来るかもしれません・・・

◆今後のセミナー予定

 5月  セクハラ・パワハラ対策
 6月  塗り絵セラピー
 7月  コミュニケーションの基本(ストローク)
 8月  うつの基礎知識
 9月  アサーション
10月  コラージュNEW

毎月第3月曜日(祭日の場合は次の日の火曜日となります)
  
  時間  19:00〜20:30   参加費用  2000円

お申し込み・お問い合わせは下記のアドレスにまでご連絡ください。
  
   minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp
(株)労研  産業カウンセリング部  大橋 桐子

◆みなとみらい労研会では、カウンセリングについて勉強したい!という方を募集しております。一緒に勉強して行きませんか?
これから勉強する予定の方・産業カウンセラーの養成講座に通っている方も大歓迎です。
ご興味のある方のご連絡もお待ちしております。
posted by rouken at 15:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

企業セミナーU

◆前回に引き続き小杉にある企業の一般社員様向けのセミナー第2回目を行いました。
前回同様 今回も午前・午後と2回行いました。

今回も『メンタルヘルス』セミナーで、ストレスとは何か?
どうストレスと向き合いながら軽減していけばよいか・・
また、自分の身近な人がもしうつになってしまったら、どう対処すればよいのか・・・etcのお話しをさせていただきました。

沢田セミナー3.JPG職業性ストレスチェックもおこない、自分の今のストレス状態を目で見て感じ取って頂きました。
自分のストレスを知るいい機会になったのでは・・と思います。

沢田セミナー2.JPG今、コミュニケーションの希薄さが言われていますが、コミュニケーションとは何か?といったお話しもさせていただきました。
ワークを取り入れ個々の違いを感じ取って頂きました。

◆それぞれ皆様お忙しい中、ご参加して下さってありがとうございました。皆様のメンタルヘルス・コミュニケーションへの真剣な取り組みをメンタルヘルスの方を担当した沢田ともども感じれたセミナーとなりました。
アンケートにもご協力いただきました事、感謝しております。
アンケート結果には、大半の方が満足いくセミナーだったと書いて下さり これを励みに私達もよりよいセミナーを・・・と精進してまいりたいと思います。

◆このようなセミナーは正直 心も体も健康な人には不必要なセミナーと思ってしまうかもしれません。
しかし、うつなどの精神疾患は昨日まで健康だった人にも突然起こりうる可能性があるのです。
このようなセミナーは、心が不健康な状態にならない為の予防なのです。
風邪をひかない為の手洗いやうがいと同じなのです。
精神疾患になってしまうと回復するまでに、時間もお金もかかってしまいます。そうなってしまわない為の予防だと思って頂けたらと思います。。。

◆みなとみらい労研会では、セミナー企画やカウンセリングの勉強会に参加して下さる方を募集しております。
ご興味のある方は下記のアドレスにまでご連絡ください。

minatomirai-roukenkai@ymail.plala.or.jp
(株)労研 産業カウンセリング部  大橋 桐子
posted by rouken at 22:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。